京つう

  歴史・文化・祭り  |  中京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2011年06月03日

清閑寺 山王神社の剣鉾実見

友人の傳兵衛さんから、偶然通りかかった神社で、こんなものがお祭りに出ていたよと、

画像を添えて教えてくれたのが、去年の5月。

その時にアップした記事は「清閑寺・山王神社の剣鉾」

それから一年。

やっと自分の眼で、清閑寺・山王神社の剣鉾を見ることができる時がやって来た。

現在、5月の第二土日曜が祭礼日となっている。







氏子の方にも、その剣鉾やお祭りのことを伺うことができた。

昨年の傳兵衛さんの話に、清閑寺の鎮守社であったということであったが、

お話を伺った方のお爺様が、今よりもっと東の山手に鎮座していた山王神社を、

現在の場所に遷座されたとのことであった。

お話を伺った方をお見かけした感じでは、お爺様ということは、昭和初期・戦前であろうと思われる。

また、氏子が清閑寺池田町と清閑寺山ノ内町の二ヶ町であったものが、

現在は、池田町一ヶ町になっていることも教えていただいた。

これは、山ノ内町の戸数が減少したことから、氏子組織から外れられたとのことであった。

国道一号線・五条バイパスの開通により、清閑寺区域が分断されてしまったことも、

大きな要因であったかもしれない。


さて、肝心の剣鉾のことだが、明確な時代はわからなかったが、

やはり以前より、ここ山王神社の祭礼に出ていた剣鉾とのことであった。

それを、平成に入って修繕してイメージを一新させてとのことであった。

では、剣鉾の各部を見ていこう。



錺の線刻は、牡丹の様に見える。







左右の金錺、額、受金の構造が、瀧尾神社の剣鉾に酷似している。

瀧尾さんの剣鉾は、もともとは短い剣先を装備していたが、剣先を長いものに交換して、

長柄も新たに作り、差し鉾として巡幸に供奉できるように手を加えたものである。

本来の姿は、大きく剣先を撓らせて差す鉾の種ではなかった。

この山王神社の剣鉾も、ほぼ同構造の鉾であることがわかる。





可愛い鈴吊り棒が装備され、打ち金(=棗:なつめ)もちゃんと付いている。

鈴の縄を、打ち金の範囲に当たるように、もう少し短くすればいい音を鳴らしてくれるだろう。


一年前にも書いたが、吹散を付ける金具が、鈴吊り棒と同じ向きに付いているのは疑問である。

修繕の際に、間違って付けてしまったか。

本来は、鈴(りん)は前面にぶら下げ、吹散りは後に垂らすので、

鈴吊り棒と吹散釣り金具は、裏表の位置関係になる。






この部分に、舁き棒を差し込んで荷鉾として供奉する構造になっている。



舁き棒の美しく塗りを施され、金具類も新たに鍍金がされている。




神幸列が巡幸していた当時は、枠に舁き棒を差し込み、人が肩に担いで巡行していたという。

そのお話を伺ったお爺様は、当時、白馬に騎乗されて行列に供奉されていたとのことであった。


神社前には、真榊が立てられている。




境内には、小さいながら立派な神輿が奉安されていた。










本殿前には、御神宝がずらりと並べられている。

神輿の巡幸が行われていた頃は、この道具を一つ一つ人が捧げ持って、

神幸列を調えていたのだ。

なかなか見ごたえのある行列であったろう。








小振りの太鼓の胴に、昭和九年の文字が見える。





神輿の長柄にも銘が見えたが、撮影時には読めた文字であったが、

この画像では何年であったかわからなくなってしまった。

****年五月。

明治三十六年五月???、であっただろうか?撮影した画像を見ればいいだろうと、

メモを取っていなかった。 記憶が定かでない。




この三嶋神社と目と鼻の先の山王神社にも、やはり剣鉾が存在していた。

今回は、ほとんど小走りに立ち寄って、簡単な見聞をするだけに留まった。

来年は、剣鉾の組立時に立会いさせていただき、道具箱の銘などを拝見してみたい。

もう少し詳しく、地元の方にお話を伺う機会も作りたいと思う。












  


Posted by どせうの寝床 at 22:47Comments(2)山王神社(清閑寺)

2010年06月28日

清閑寺・山王神社の剣鉾

新たな剣鉾を、京都市内に見つけた。
友人の傳兵衛氏が、
今年の5月16日に偶然、渋谷道の山王神社前を通りかかったところ、
お祭をやっているのに出くわした。

すると、剣鉾らしきものを発見したそうだ。
普段から、事ある毎に剣鉾々々と言っている私を思い出してくれて、
わざわざこうして画像をカメラに収めてきてくれた。

清閑寺・山王神社は、渋谷通を馬町から三島神社をすぎてさらに東へ上っていく。
すると、道路は正林寺のところで旧道と新道に別れる。
その左手の細い旧道に歩を進めていくと、やがて山王神社が左手(北側)にみえてくる。
傳兵衛氏の話では、この山王神社は、もともとは清閑寺の鎮守社であったという。

私は、この山王神社のことを、三島神社の御旅所と思い込んでいた。
ところが、独自に祭礼を行い、また剣鉾もあったのだ。
画像からしか判断できないが、真新しく見える鉾の姿と、
裾幕に平成6年の文字がみえることから、新しい鉾の可能性も考えられる。
或いは、古くからあったものを、この年に修繕復調して、
祭礼に供奉するようにしたものとも考えられる。




面白い構造をした荷い枠である。
神輿のように、朱の高欄が四面に付いている。



鈴(りん)吊り棒と吹散を掛ける金具が同じ側に付いているので、
正面がどちらになるのかがハッキリしない。
しかし、据え置く鉾として見たら、吹散=幡(ばん)は全面に垂らすことになる。
しかし、巡幸時の荷い枠には、見送りを掛ける鳥居が付いている。
見送りを後に流す形で巡幸するのかもしれない。
その場合は、鈴(りん)は止むを得ず、後ろ側に吊るす形になってしまう。
その辺りの構造に、据え置く鉾なのか、神輿に供奉して巡幸する剣鉾なのか、
構造上の問題はあるものの、なかなか面白い発見である。
氏子の方に剣鉾に関してお尋ねしてみたい。




  


Posted by どせうの寝床 at 13:34Comments(0)山王神社(清閑寺)