京つう

  歴史・文化・祭り  |  中京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年06月22日

真夏の剣鉾・浅茂川水無月祭



もう4年前・2005年になりますが、
京都府網野町・浅茂川の八丁浜に海水浴に行った時のことです。
何やら、水無月大明神と書かれた幟が勇ましく立っているのが目に入りました。
まさしくこれは祭の何者でもありません。




自分だけなら、即効で祭モードのスイッチONなのですが、
この日は家族サービスの海水浴でのこと。
「くぅ~、こんな時に祭りに出くわすとは!」
嬉しいような悲しいような、葛藤の渦にもみくちゃになりながら必死で冷静を装い、
とにかく海水浴のベーステントを手際よく張って、
「ちょっと祭の様子見てくるわ。」と一声かけるが早いか、次の瞬間駆け出してました。
そうして、幟のところまで来たときです。
3基の剣鉾の姿が視界に飛び込んできました。






そして、嶋児神社という提灯がかかった小さな拝殿には、神輿が奉安されていました。




後から調べたら、ちょうど7月30日が網野町で最大の夏祭り・水無月祭の本祭当日でした。
八丁浜から福田川という川を挟んで対岸、日吉神社・境内末社の”水無月神社”の祭礼です。
この画像に出てくる”嶋児神社”は、いくつかある浦島太郎の伝説地の一つだそうで、
御旅所になるのかもしれません。
昼間には、神輿の海上渡御があって、嶋児神社の浜から神輿は海に入りますし、
夜になると花火大会があって、非常に面白い祭礼です。



剣鉾は大・中・小のサイズで3基に加えて、一般に”鉾”とよばれる一基が立ち並んでいました。
ちょうど、滋賀県大津市の”若松神社”の剣鉾(大・中・小)と同じような雰囲気です。
他の祭礼でも、大中小の3基揃いを見たことがあります。
この”大中小”には、鉾として重要な意味があるのかもしれません。



鈴(りん)の形状や大きさは、京都市内での剣鉾のそれと、ほぼ同じものの様に見えます。








吹散(そう呼ぶかは不明)には、五三桐紋が入っている。
先ほどの嶋児神社の拝殿の天幕にこの社紋が入っていました。
ということは、この剣鉾3基は、嶋児神社の鉾かもしれません。
撮影の画素数が低く、剣鉾の額の文字が判読できないのが残念です。



しかし、丹後半島の北西の端、京都から直線で100kmのこの地で、
剣鉾に出会うとは思っても見なかったことでした。
丹波・但馬地方にも、剣鉾の存在が確認できていますので、
ここ丹後にあっても不思議ではないでしょう。

残念なことは、各鉾も名称や、剣鉾そのものの呼び名がどうだったのか、
また、祭礼での巡幸の有無や役割など、詳細な調査をせずに浜に戻ってしまったことです。
今年の祭礼ももうすぐですので、どなたか調べて教えて下さい!