京つう

  歴史・文化・祭り  |  中京区

新規登録ログインヘルプ


2018年09月22日

2018年09月21日

剣鉾・顔面カタログ 「北白川天神宮 壱ノ鉾/壱ノ鉾仲間守護 」




北白川天神宮 壱ノ鉾/壱ノ鉾仲間守護

神宝の「黒鉾」に因んで、剣先を黒漆で黒く塗っている。

いわゆる、黒剣(くろけん)である。
  


Posted by どせうの寝床 at 07:00Comments(0)北白川天神宮顔面カタログ

2018年09月20日

剣鉾・顔面カタログ 「大豊神社 牡丹鉾/南禅寺草川町守護 」




大豊神社 牡丹鉾/南禅寺草川町守護

鹿ケ谷・南禅寺の鎮守社、大豊神社の剣鉾七基の内の一基。

5月の祭礼では、南禅寺参道の松林の中を、連なって巡行する姿が美しい。  


Posted by どせうの寝床 at 07:00Comments(0)大豊神社顔面カタログ

2018年09月19日

剣鉾・顔面カタログ 「紫野・今宮神社 剣鉾(剣菊鉾)/五辻町守護 」




紫野・今宮神社 剣鉾(剣菊鉾)/五辻町守護

正式には、剣鉾(つるぎぼこ)。

美しい菊の餝がほどこされているので、剣菊鉾(けんきくほこ)と呼ぶことが多い。




  


Posted by どせうの寝床 at 07:00Comments(0)今宮神社(紫野)顔面カタログ

2018年09月18日

剣鉾・顔面カタログ 「吉田・今宮社 唐胡麻鉾(とぐるまぼこ) 」




吉田・今宮社 唐胡麻鉾(とぐるまぼこ)

平成の鉾差し大復活の先駆けの一つとなった吉田の鎮守社・今宮社の祭礼で

一番鉾にあたるのが、この唐胡麻鉾。

10月の祭礼で、京大のキャンパス内へ吹散りを着けて巡行する様子は、

一見の価値ありである。
  


Posted by どせうの寝床 at 07:00Comments(0)吉田今宮社顔面カタログ

2018年09月17日

剣鉾・顔面カタログ 「御霊神社 太刀鉾(波太刀鉾)/青龍町守護 」




御霊神社 太刀鉾(波太刀鉾)/青龍町守護

昭和初期(十年頃)の映像が残されており、

当時すでに荷鉾として神幸列に供奉している様子がみられる。

現在、当家飾りで飾りつけられる随身人形が、

実は、その荷鉾に装備されて巡行していることが確認できた。

その人形は、大正五年に寄進されたもので、

あくまでも推測だが、

その前年までは差鉾で神幸列に供奉していたのかもしれない。  


Posted by どせうの寝床 at 07:00Comments(1)御霊神社(上御霊)顔面カタログ

2018年09月16日

剣鉾・顔面カタログ 「下御霊神社 桐鉾/毘沙門町守護 」



下御霊神社 桐鉾/毘沙門町守護

通称”菊桐鉾”と呼ばれている。

五月の還幸祭・午後からのの西廻り(寺町通~油小路通、出水通~二条通)で、

最後まで差鉾で神幸列に供奉していた。

しかし、平成21年を最後に、剣先の金属疲労がみられることが原因で、

居祭りとなっている。

  


Posted by どせうの寝床 at 18:00Comments(1)下御霊神社顔面カタログ

2018年09月11日

剣鉾・顔面カタログ 「新日吉神宮 五番鉾 客人御鉾 稲荷町守護 」




新日吉神宮の鉾は、一番から七番まで、七基の鉾が存在している。

御祭神である山王上七社、つまり、

 ・大宮
 ・二宮
 ・聖真子(宇佐)
 ・八王子(牛尾)
 ・客人(白山)
 ・十禅師(樹下)
 ・三ノ宮

の七社の鉾が、かつては林立して神輿を先導していた。

この五番鉾は、白山宮・客人(まろうど)の御鉾で、

毎年、当家は松明殿稲荷社になっている。

中央の三本杉は、白山宮の神紋である。  


Posted by どせうの寝床 at 07:00Comments(1)新日吉神宮顔面カタログ

2018年09月10日

剣鉾・顔面カタログ 「粟田神社 第十五番 琴高鉾 西海子町守護 」




この琴高鉾は、神幸列供奉はもとより、町内での居祭りもされることもなく、

長らく姿を見ることができなかった。

しかし、西海子町のご理解とご協力により、

数年前から剣鉾奉賛会による鉾差し姿での祭礼復活を遂げている。

中央の額・表面には「辯財天」、裏面に「南無天王八大王子」。  


Posted by どせうの寝床 at 07:00Comments(0)粟田神社顔面カタログ

2018年09月09日

剣鉾・顔面カタログ 「石座神社 御鉾(中在地・昼神事の鉾) 」



石座神社には、六つの在所で五基の鉾が護られている。

正確には、朝神事と昼神事では、別の鉾を神輿に供奉させるので、

五基✕朝昼2種=10基の鉾が存在する。

これは、中在地の昼神事用の鉾である。

今秋の祭礼での鉾差し復活に向けて、

粟田神社境内での練習会に中在地の役員方々をお招きし、

お披露目と点検・試し差しが行われた。

阿吽の鷺に紅葉の意匠。修理が成って、美しい姿を見ることができた。


インスタもよろしく。
https://www.instagram.com/zunzun125/  


Posted by どせうの寝床 at 18:41Comments(2)石座神社(岩倉)顔面カタログ