京つう

  歴史・文化・祭り  |  中京区

新規登録ログインヘルプ


2009年11月16日

【回想】御香宮・伏見祭1981年

昔に撮影したフィルムなどが入っている祭り関連のBOXを、久々に虫干ししてみることにした。

出てきたのは、25~30年程前の剣鉾祭りの風景である。ただフィルムのままプリントすることなく仕舞い込んでいた画像資料たちである。
ネガフィルムを明かりに透かしてみると、忘れていた祭りや剣鉾の姿が撮影されている。
少しずつスキャンしてデータ化できたものから記事にしてゆきたい。



今回は、昭和56年(1981)10月9日の御香宮の伏見祭宵宮での【金鉾/かなほこ】である。

“かなほこ”という祭具名は、この御香宮・宵宮に社務所を尋ねたとき初めて聞く名称だった。その時、非常に印象に残り、記録帳にそのことを書き残していた。

しかし今年の伏見祭の折、御香宮でお尋ねたしたところ、会話の中で剣鉾という名称は出てきても、ついに金鉾の名称は出てこなかった。

あくまでも推測の域だが、昭和59年の市の調査以前は、数々の剣鉾・金鉾に対して、文化財として注目を集めることもなく、祭りそのものにも眼を向けられることもまた皆無であった。しかしその調査以降、“けんぼこ”という名称がメディア上でしばしば紹介されることになり、平成に入るとその頻度は更に加速していった。
そんな状況の中、“けんぼこ”という名詞が社会的に認知されるようになることで、各神社でも鉾の形状をした祭具のことを“けんぼこ”と呼ぶことの標準化が成されいったのではないか。そして、“かなほこ”という固有名詞が駆逐されてしまったのではないかと、考えたりもするのである。



伏見九郷の大祭が、御香宮のお祭りである。
現在は、お還りが10月の第二日曜となっているが、当時は10月10日(旧・体育の日)であった。
境内には、見世物小屋が店を開き、ろくろく首や大イタチなどなど、見事な口上で紹介しながら客寄せをしていた。なんともおどろおどろしい、怖いけど見てみたい、見てみたいけど怖い、そんな雰囲気が面白かったのを思い出す。





まず、御香宮の金鉾を見て欲しい。鉾全体の基本構造は剣鉾と同じである。
中央は、州浜型の額を設けて、左右に立体的な菊花を配し、平板でつぼみと枝葉の錺としている。剣先の形状は、風切り穴は根元近くまで降りていて、先端の縁の迫り出しも小さく、古式の鉾に見られる姿がうかがえる。受金には橘・桐(五三か五七か?)・二つ引き両の三種の紋が付けられている。







しかし、剣鉾とは仕様が異なっているのは一目瞭然である。それは、鈴(りん)の代わりに大きな鈴(すず)がブラ下がっているということである。






さらに、長柄にはナツメ(打ち金)がない。鈴(すず)なら長柄に打ち当てて鳴らす必要はなく、ナツメは必要ないということである。しかし、鈴(すず)は後から追加したものであるということも考えられるのである。
ここ御香宮のすぐお隣の三栖神社の剣鉾5基が、この金鉾に酷似している。しかし、剣鉾としての鈴(りん)も御香宮・金鉾のような鈴(すず)も付いていない。当然、長柄にはナツメ(打ち金)は装備されていないのである。
お祭りの中での、これら鉾たちの役割がどうだったか、そこにヒントがあるかもしれない。
神輿がこれから進む神幸道を祓い清め進むという役割よりも、祭りの行列が威容を誇るための道具としての位置づけが強かったか?

三栖神社の剣鉾5基については、近日中に記事にしてUPするのでしばしお待ちいただきたい。




当時、祭礼時には拝殿の西側面に、ずらりと9基の金鉾が並べられていた。9基とも金錺の意匠はまったく同一であったと記憶している。現在のデジカメなら、全ての鉾をカメラに収めておくのだが、当時は上限36枚撮りのフィルムである。そこは省エネ撮影をしてしまったのである。





この昭和56年当時、金鉾9基はすでに巡幸には供奉せず、居祭りの状態であった。
確認は出来ていないが、金鉾が9基あるのは、伏見九郷で一郷に一基の金鉾が充てられているというものか。







さすが28年前である。写っている子供や大人の、シャツの着こなし方に時代を感じる。
現代ならば、ズボンの中にシャツは入れずに出すところだが、みんなきっちり収めているのは面白い。

以上、数枚の写真のみだったが、金鉾の貴重な姿を再び確認することが出来た。
今年の祭礼時に神社でお聞きしたところ、もう17~18年は飾りつけはしていないとのことだった。
平成2~3年を最後に、居祭りもされなくなったということになる。
確かに、9基の飾りつけは簡単そうに見えて、かなりの重労働である。

以前の伏見祭の中心は花傘であった。最盛期には何百という数が出ていたようであるが、現在は神輿中心の祭りとなっている。
さらに、肥後町には”占出山”という曳山も存在していた。お囃子もあって、以前にお囃子符本が見つかったこともお知らせした。
 「御香宮神幸祭・幻の曳山「占出山」お囃子符本」

祭りは生き物であって、時代によってその意味も姿も変わってゆくのである。
しかし、そんな中で”金鉾”の存在と役割が忘れ去られてしまったのは残念である。



同じカテゴリー(御香宮)の記事画像
御香宮神幸祭・幻の曳山「占出山」お囃子符本
同じカテゴリー(御香宮)の記事
 御香宮神幸祭・幻の曳山「占出山」お囃子符本 (2007-10-17 22:35)

Posted by どせうの寝床 at 22:06│Comments(2)御香宮
この記事へのコメント
いつもお世話様です。
いや~、面白いです。
この鉾の形態はもしかすると江戸時代以前のものかもしれませんね。
短めの剣先(招きではない)、写真から見ると全長で1.5mぐらい短いですか。
現在の差し方とは違う差し方であったろうと思われます。
また、写真からの想像ですが、錺の細工にはロウ付けが使われていないのではないかと思われます。
全体のサイズや剣先のサイズは差し方に大きくかかわる事と思われ、細工に使われる技術は制作年代を考える手がかりになると思うのです。
御香宮神社に御霊信仰があったのか、他の地域のように頭家制度があったのかなど気になります。
戦後すぐの祭礼を知る地元の長老のお話を聞きたいですね。
Posted by kacky at 2009年11月21日 10:34
kackyさん、いつもお世話になってます。
古いフィルムを引っ張り出してスキャンしてしまいました。
もうなかなか見ることの叶わない鉾の写真です。
今年に御香宮で聞いたときは、鉾を出すことはないですと、きっぱり言われてしまいました。
鉾の長さはそんなになくて、たぶん3.5mくらいだと思います。各町で守護したり、頭屋制度があったりというのは確認できていませんが、昔から神具として神社で保管してきたのではないかと考えています。
多くの剣鉾祭りの場合、剣鉾一つ一つを御祭神と同等の位置付けで大切にお祀りしているのに対して、御香宮の場合、鉾を神具の中の一つの道具として考えていて、鉾飾りをしたとしても、祭壇が在るわけではなく、ただ飾り並べるだけなのです。
ですから、鉾を守護するという意識はないですし、頭屋制度という個々の鉾をお守りするといった組織も無かったと思われます。
また、鉾はもとより、鉾を建てる台までが、9基共まったく同じヤレ具合で仕様もまったく同じ。それが、各町内でバラバラに守護されてきたなら、何らかのバラつきが発生しても不思議はないのです。逆に言えば、バラつきが必ず発生するものなのです。それがほとんど見られないのです。
さらに、伏見は城下町でしたので、京都とは祭りの形が違っていたのでしょう。
事実、祭りの中心を成すものは、雌雄の大獅子・武者行列・花傘などがあり、京都の祭りとは姿が異なっていました。

ところで、細工に使われる技術は制作年代を考える手がかりになる、というのは面白い見方ですね。
あまり今まで考えたことが無かったのですが、細工のロウ付けは比較的新しい技法になるのですか。
金鉾の形は、風切り穴が根元近くまで降りている点、先端の縁の迫り出しが小さい点など、確かに古い鉾の姿が見えます。
やはり、地元の古老に聞き込みが必要ですね。
Posted by どぜうの寝床どぜうの寝床 at 2009年11月23日 06:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。