京つう

  歴史・文化・祭り  |  中京区

新規登録ログインヘルプ


2010年05月02日

新日吉神宮・六番鉾 試し差し

昨日5月1日、新日吉神宮境内で六番鉾(日吉町守護)の試し差しが、

9日の神幸祭(新日吉祭)を控えて行われました。

宮司のお話によると、昭和30年代以降、剣鉾を差しての巡幸は絶えていたとのこと。

そうすれば、今回の復活が約50年前後振りということになります。
















まねきに、文政五(1822)年五月の銘。




出ました!お馴染みの”錺師 建仁寺門前 浦井庄左エ門”。




差した時に光り輝くように、まねきに磨きを掛けます。




この漆塗りに禁裏御所御寄附の文字が書かれているのは、吹散りの箱にです。





鉾の当家飾りに使う燭台。明治十四年五月の箱書き。









どんどん組み上がってゆく。







いよいよ組み上がった。

































新日吉神宮・神幸祭(新日吉祭):5月9日。







同じカテゴリー(新日吉神宮)の記事画像
新日吉祭2011 大宮鉾の当家飾り
同じカテゴリー(新日吉神宮)の記事
 新日吉祭2011 大宮鉾の当家飾り (2011-06-11 12:16)

Posted by どせうの寝床 at 02:06│Comments(2)新日吉神宮
この記事へのコメント
早ッ!いつも楽しい情報を有難う御座います。昨日の新日吉がもうUPされているのには吃驚しました。有難う御座います。うちの葡萄栗鼠の額の中にも同じような筆書きがありました。又秋までには倉庫を探し出して公開いたします。
Posted by JM3かどさん at 2010年05月02日 09:14
JM3かどさん、昨日はありがとうございました。
今のうちにドンドン上げておかないと、明日あたりから詰まってくるので、早め早めで上げてゆきたいと思います。

”葡萄栗鼠の額の中にも”
そうですか、ありましたか。
”浦井庄左エ門”は、定番中の定番です。
非常に多くの剣鉾を作ったり、修繕をしている錺師ですよ。公開楽しみにしています。
大豊さんの明日本番は、宜しくお願いいたします。
Posted by どぜうの寝床 at 2010年05月03日 07:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。