京つう

  歴史・文化・祭り  |  中京区

新規登録ログインヘルプ


2010年03月31日

大豊神社 哲学の道で鉾差し披露 4月4日

鹿ケ谷の大豊神社の御旅所前で、4月4日(日)午後1時より、桜谷町の菊鉾と扇鉾が差されます。

その際、剣鉾御幣守りが限定販売で授与されます。

桜並木で有名な、哲学の道のちょうど中間あたりです。




お花見で来らるのでしたら、京都の祭の剣鉾を見ていただける、

貴重な機会ですので、是非お越しください。

人数は限られますが、希望の方は実際に鉾差しの体験もしていただこうと考えております。







同じカテゴリー(大豊神社)の記事画像
大豊神社・御旅所前にて
大豊神社2010年氏神祭・剣鉾ニュース
大豊神社2009・御旅所飾り付け&牡丹鉾調整
大豊神社で御幣作り
大豊神社 5月4日 永観堂町・剣鉾の鉾差し練習
大豊神社 5月3日 御旅所前・剣鉾の鉾差し練習
同じカテゴリー(大豊神社)の記事
 大豊神社・御旅所前にて (2010-05-03 10:20)
 大豊神社2010年氏神祭・剣鉾ニュース (2010-02-11 21:28)
 大豊神社2009・御旅所飾り付け&牡丹鉾調整 (2009-05-03 02:28)
 大豊神社で御幣作り (2009-04-26 02:22)
 大豊神社 5月4日 永観堂町・剣鉾の鉾差し練習 (2007-06-04 13:24)
 大豊神社 5月3日 御旅所前・剣鉾の鉾差し練習 (2007-05-23 00:01)

Posted by どせうの寝床 at 13:55│Comments(5)大豊神社
この記事へのコメント
初めまして!
福岡のマリータです。

茶々さんのところから、
訪問しました。

今の時代、相撲が
外人さんで増えたり、
日本の伝統が崩れて
行ってる様な気がするので、
こういう風に守っていくことは、
素敵だと感じました。

これからも頑張ってくださいね^^
Posted by マリータ at 2010年06月03日 06:20
マリータさん、ようお越し下さいました。
こちらこそ初めまして。
福岡のマリータさんということは、福岡ですか?
福岡も祭の盛んなとこですよね。

>日本の伝統が崩れて
>行ってる様な気がするので、
>こういう風に守っていくことは、
>素敵だと感じました。
ありがとうございます。この言葉を聞いたら、鉾差しのオッサン先輩の皆さんは喜ばはると思います。
やっぱり祭は、人間が大事です。人間の心そのものです。伝統も歴史も、祭り全て、人間が積み重ねていくもんですね。ほんで、神さんがそれを近くで見守ってくれたはるという感じでしょうか。そういうことで言うと、日本人・外国人はあまり関係ないんですよ。

これからも応援宜しくお願いします。
Posted by どぜうの寝床どぜうの寝床 at 2010年06月04日 21:53
はじめまして 5/30日BBQで呼んでいただいた際 経験させていただきました。 そのとき、すごい研究者がおられることを 教えていただきました。 今回、猫ブログですが 記事で紹介させていただきました。 これからも 頑張ってください。 ありがとうございました。

Posted by 茶々 at 2010年06月03日 05:42
http://blog.goo.ne.jp/goo13602008/e/54b3239ffa234b4acf24de01d564828b?fm=rss
-------------------------------------------------------------------------------------
※茶々さん、ごめんなさい。
ミスして、頂いたコメントを消してしまいました。
幸運にも、[戻る]でコメントとリンクのコピペが出来ましたので、
ここに上げさせていただきます。
本当にゴメンなさいです。
-------------------------------------------------------------------------------------

◆返信
茶々さん、はじめまして。
ようお越し下さいました。
5/30・大豊さんのBBQに参加されたんですね。天気はいいし、最高のBBQ大会だったでしょう。

>経験させていただきました。

経験されたということは、鉾を差されましたか。いかがでしたか。私は、まだまた見習いの域を脱していません。

>そのとき、すごい研究者がおられることを…

恥ずかしいです(汗)
好きが高じて、こんなんやってます。

>記事で紹介させていただきました。

ありがとうございます。
近くでしたら、また練習なんかに覗いて下さい。これからも宜しくお願いします。
Posted by どぜうの寝床どぜうの寝床 at 2010年06月04日 22:03
ありがとうございます。
お名前を伺うことができなかったのですが、
とっても
熱心に、どぜうさまのことを語られていました。このブログの方ですかと携帯で確認させていただきました。その際も、大きな画面でみてほしい。剣鉾の北限とか、調査に寝食を忘れて行われていることなどお聞きして、
だから、京都にはこのように貴重な文化財を残っているのだ。けっして行政が残しているのではなく、このような市井の人たちが守られているのだとあらためて認識を新たにさせていただきました。
私にはなんの力もありませんが、ブログでの
紹介など協力できるものはしていきたいとおもいます。
このたびは、本当にありがとうございました。
貴重な体験コースすばらしいことだと
おもいます。外人さんも多く見えられるので
ぜひ、経験して日本の文化をお伝えください。 お返事いただき恐縮至極でございます。
Posted by 茶々 at 2010年06月05日 00:11
おはようございます^^
福岡のマリータです☆

書き込みありがとうございます^^

茶々さんのところにいなければ、
こうして、どぜうの寝床さんにも
出会えなかったと思うのです。
ネットは、繋がりあうことが出来るので、
上手く活用して、こういう伝統を広げていって
欲しいなって思いました^^

応援してますよ☆
Posted by マリータ at 2010年06月05日 06:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。